【WordPress初心者向け】このサイトに記事を投稿する方法!

【WordPress初心者向け】このサイトに記事を投稿する方法!

Pocket
LINEで送る

クリエイター向けの総合ノウハウ共有サイト「Wrive」は、ユーザー登録さえ行えば誰でも編集が可能なサイトです。
SNSや掲示板のように、ユーザーそれぞれが独自に情報を公開していくことでサイトが充実していきます。

オリジナルの記事を投稿するためには、「WordPress(ワードプレス)」の機能を使う必要があります。
ライティングのお仕事をしていたり、アフィリエイトサイトをお持ちであれば、普段からWordPressを使っているという方も多いのではないでしょうか。

しかしWriveには、今後WordPress未経験の初心者クリエイターが増える可能性も高いと思います。
そこで今回は、まだWordPressを使ったことがない方のために「WordPressで記事を投稿する方法」を解説しておきます。
初歩中の初歩の解説となりますが、これからWriveで記事投稿を行いたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

ステップ①ダッシュボードを開こう

WordPressで記事を更新するためには、まず「ダッシュボード」を開く必要があります。

ダッシュボードとは、WordPressにおける「管理ページ」のようなものですね。
私たち一般ユーザーが行えるのは「記事の投稿」のみですが、サイトデザインの変更・コメントの管理・画像の編集など、様々な操作に使われる重要なページです。

ダッシュボードを開くには、Wriveにログインしておかなければなりません。
ログイン状態でサイトページを開くと、画面上部に「Wrive」と書かれたボタンが出現します。
あとはこのボタンをクリックするだけでダッシュボードに飛べます。

どうしてもボタンが出ないという場合は、URLに「https://wrive.net/wp-admin」と入力してください。
ユーザー登録している場合だけですが、このURLからも直接ダッシュボードにアクセスすることが可能です。

 

ステップ②新規追加をクリック

ダッシュボードに入れたら、左側のメニューをチェックしてみましょう。
投稿・メディア・コメントなど様々なコマンドが用意されているのが分かると思います。

記事を投稿するときは、「投稿」にカーソルを合わせてください。
すると「記事一覧」「新規追加」のコマンドが新たに表示されますので、「新規追加」をクリックしましょう。

 

ステップ③記事を編集してみよう!

メニューから「新規追加」をクリックすると、記事作成ページに入ることができます。

ここからは一般的なブログシステムとあまり変わりません。
タイトルをつけて、本文を書いて、必要であれば画像や文字装飾を行って…アナタの好きなように記事を作成してください。

HTMLタグを直接打ち込むことも可能ですが、記事を作成するために必要な機能はツールバーにほとんど揃っています。
文字装飾・画像追加・リンク生成などなど…WordPressのツールバーはなかなか充実しているので、編集しながら色々試してみてください。

 

上記の編集画面を投稿した場合、サイト上ではこのように表示されます。
編集画面と実際の表示には若干のズレが生じることがありますので、プレビュー機能を使ってイメージを調整してみてください。

ステップ④記事情報を編集して投稿!

イメージ通りの記事が書けたら、最後に「記事情報」を編集しておきます。

記事投稿ウインドウの右側に、↑画像のようなボックスがいくつかあるはずです。
特に「公開」「カテゴリー」「タグ」「アイキャッチ」の4つは重要なので、しっかり使い方を学んでおいてください。

公開

「公開」のボックスは、そのまんま記事の投稿に使うボタンが揃っています。
青色の「公開」ボタンを押すと、記事が完成していようが未完成だろうがサイト上に一般公開されてしまいます。

「下書きとして保存」を押すと、サイト上には公開されずに記事が保存されます。
作成途中で席を立つことになったときは、一旦下書き保存しておきましょう。

「プレビュー」を押すと、作成中の記事を実際に投稿したらどう表示されるのかを確認することができます。
編集画面と実際の表示はズレることが多いので、公開前にしっかりチェックしておきましょう。

カテゴリー

「カテゴリー」は、作成中の記事のカテゴリー設定のためのボックスです。
用意されているカテゴリーの中から、投稿内容に最も合ったものを1つだけ選びます。

現在は「ライター」「漫画・イラスト」「小説・シナリオ」「操作・設定」の4種類のカテゴリーが用意されています。
「操作・設定」は当サイトの使い方に関する部分なので、基本的には「ライター」「漫画・イラスト」「小説・シナリオ」のいずれかを選択しましょう。

万が一「ライター」「漫画・イラスト」「小説・シナリオ」のいずれにも当てはまらない場合でも、クリエイター向けの有益な情報であれば投稿可能です。
ただし新しいカテゴリーを設定できるのはサイト管理者のよたいちさんだけなので、既存のカテゴリーに当てはまらない投稿を行いたい場合はよたいちさんにご相談ください。

タグ

「タグ」は、カテゴリーの子分のようなものだと考えてください。

例えば「ライター」のカテゴリーに、「記事の書き方」とか「初心者向け」などのタグをつけておけば、記事の内容がより鮮明になります。
SNSで言うところの「ハッシュタグ」のようなものですが、あまり数を多くしすぎるのも冗長なので2~3個くらいを目安にするのがポイントです。

また、カテゴリーとは違ってある程度自由に設定できますが、記事内容から逸脱したタグを設定しないように注意しましょう。

アイキャッチ

「アイキャッチ」は、その記事をイメージさせるような画像を設定するボックスです。

サイト内の記事を一覧表示すると、記事タイトルの横に小さな画像が表示されていますよね?
あの画像がアイキャッチです。

記事内に全く画像を使っていない場合でも、一応アイキャッチ画像は設定しておいたほうが良いでしょう。
ある程度記事の内容に沿っている画像なら何でも構いませんが、適当に検索した画像を使うと著作権侵害にあたる可能性が高いので注意してください。
基本的には、フリー素材サイトの画像を使うのがベターですね。

 

⑤完成!

ここまで設定できたら、あとは青色の「公開」ボタンをクリックして記事投稿完了です!
細かいコツやポイントはいろいろありますが、WordPressは説明されるよりも実際に触ってみたほうが身につくと思いますので色々試してみてください!

Pocket
LINEで送る


【イラスト作成に関する質問募集中です!】ただいま連載中の「君も絵描きになれる!イラスト講座」では皆様からの質問を募集しております。ペンタブの使い方からイラスト作成のコツまで何でもOKです。できる限り答えさせていただきますので、コメント欄へお気軽に書き込んでくださいね!

11 Comments

  1. おー!早速素晴らしい記事をありがとうございます!
    画像で丁寧に解説されていて、とても分かりやすいです。

    以下に少しだけ気になった箇所を挙げさせて頂きます。
    ・「カテゴリー」見出しの私のプロフィールのリンクが機能していなそうです。
     →よくわからないですが、どうやらBuddyPress仕様のページへの直リンクは制限があるのかもしれませんね。
    ・「タグ」見出しはタグの数を付け過ぎない注意を入れるとより良いと思います。3つまでくらいが目安ですかね。
    ・「アイキャッチ」見出しは念押しで著作権には気を付けましょうの記述を加えても良いかもしれません。くれぐれも適当に画像検索したものを使う事は辞めましょう…のような感じです。

    後これは私の担当ですが、やっぱり目次はあった方が良いかもしれないですね。

    改めて、他の方から「Wrive」というサイト名を紹介されるとちょっと嬉しいです…笑
    「ライター」というより、ガイドラインに近い内容かもしれないので、追々分類は考えてみますね。

  2. 「タグ」「カテゴリー」の文章を少しだけ修正しました!

    確かに、この記事はライター向けの情報というよりガイドラインとしたほうがいいかもしれませんね。
    「タグは3つまで」「アイキャッチはフリー画像に限る」など、執筆時の注意事項一覧のような記事を書いておいてもよいかもしれません。

    もうひとつ、プロフィールリンクが機能しない原因がイマイチわからなかったので、ひとまずTwitterへのリンクに置き換えました。

    • 修正ありがとうございます!

      BuddyPress関係のページは直リンクが無効になる事があるようなので、それ関係ですかね。恐らく、正規のルート以外で辿り着けない(セキュリティ的な)工夫がされているのだと思います。※プロフィールページの件が意図する挙動なのかはわからないですが、そういうものと思うしかなさそうです。

      因みに、ダッシュボードからプロフィール情報を設定しておくと、しらたま。さんの記事のような著者情報が記事下に表示されます。この辺り、直観的にわかり辛い部分な気がするので、登録→記事投稿まで少し範囲を広げて、スタートアップ手引きのような記事にするのも良いかもしれませんね。

    • プロフィールリンクの件、以下の記事で試してみたら普通に飛べそうですね。
      http://wrive.net/archives/1

      だいなごんさんのリンク情報から差分を比較してみると
      ×http://wrive.net/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC/yotaichi/
      ○http://wrive.net/%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc/yotaichi/

      でした。ちょっと技術的な話になりますが、URLエンコード絡みのようです。日本語を含むURLにアクセスする際に「メンバー」という文字が上のような謎の文字列に変換される仕様があるのですが、よく見ると×は英語が大文字、○は英語が小文字の差分があります。

      URLエンコードが介入しないように、BuddyPress関連のページ名は英語にしておいた方が無難かもしれませんね。(メンバー→member等)。後程検討しておきます。

  3. なるほど…では後ほど、プロフィール情報を設定しておこうと思います。
    登録方法の記事も、手が空いたときに書いておきますね。

  4. なるほど。そういうことでしたか。
    そういえば昔運営していたサイトでも同じような理由でリンクが繋がらず、妻に泣きついたことがありました(笑)
    リンク先を修正しておきましたので、お手すきの際にご確認ください。

  5. リンク先の修正ありがとうございます!
    と、修正頂いたばかりで申し訳ないのですが、日本語のままだと一時的な解決で他の人も同じことで困る可能性が高いので、根本的に固定ページ全般のURLを英語に統一しました。

    変更後
    http://wrive.net/member/yotaichi/

    お手数ですが、お手すきの際にご確認お願い致します。

  6. お疲れ様です。本当にお手すきの際で構いませんので、以下の変更に合わせて内容を少しだけ更新いただけますと助かります。
    https://wrive.net/member/yotaichi/activity/283/

    あとアイキャッチ画像を探す具体的なサイトについて、一応私がよく使っているサイトを貼っておきます。
    https://www.photo-ac.com/

Leave a Reply

To report this post you need to login first.
ツールバーへスキップ