【第4回】レイヤーを使った簡単なイラストの描き方を学ぼう!~君も絵描きになれる!イラスト講座~

【第4回】レイヤーを使った簡単なイラストの描き方を学ぼう!~君も絵描きになれる!イラスト講座~

Pocket
LINEで送る

君も絵描きになれる!イラスト講座第4回です!
こんにちは。講師のだいなごんでございます。

今回のテーマは「レイヤーを使った簡単なイラストの描き方を学ぼう!」です。
デジ絵師にとっては常識中の常識ですが、アナログ絵師にとっては縁遠い「レイヤー」という仕組み。
なんとなく聞いたことはあるけどイマイチ意味がわからない…という初心者の皆様は、この機会にレイヤーの基礎を学んでおきましょう!

今回の講座は読むだけでもレイヤーの仕組みを理解できるよう構成していますが、できれば実際にペンタブとクリスタを用意して、手元でイラストを描きながら読み進めていくのがオススメです!
前回のまとめでも言いましたが、イラストってのは「描き方を聞く」よりも「実際に描いてみる」ほうが圧倒的に上達に近づきます!
以下で解説する手順に従って描き進めれば、きっとアナタもレイヤーを使ったイラストの作成方法がわかるはずですよ!

 

まずは「レイヤー」が何なのか理解しよう!

レイヤーとは「透明な紙」のようなものです。
透明な紙に描いたイラストを何枚も重ねて一枚のイラストに仕上げるというのが、デジ絵の基本的な技法になります。

レイヤーは何枚でも用意できるので、枚数や使い方は絵師が自由に設定できます。
上の図の場合は「輪郭(線画)・顔(線画)・模様・色」という4枚のレイヤーを重ねることで一匹のネコを表現しています。
デジ絵は一枚のイラストに見えても、実際には何枚もの絵が重なって構成されているわけですね。

どうしてレイヤーを使う必要があるの?

別にレイヤーを使わなくても、デジタルでイラストを描くことは可能です。
…が、ハッキリ言ってレイヤーを使わない描き方はかなり非効率的なのでオススメはできません。
レイヤーを使わないならわざわざデジ絵を描く意味がない…と言ってもいいくらいです。

レイヤーを推奨する理由はいくつもありますが、ここでは初心者でもわかりやすい3つのメリットをご紹介したいと思います。
背景色にベタ描きした場合と、複数のレイヤーに分けて描いた場合の違いを確認してみてください。

メリット①下書きを消すのが楽

アナログの場合は、「鉛筆で下描き→ペン入れ→消しゴムで鉛筆部分を消す」といった手順を取りますよね。
これはアナログで使う消しゴムが「鉛筆だけを消し、ペン部分は消せない」という特性を持っているために成り立つ手順です。

しかし厄介なことにデジタルの消しゴムツールは、鉛筆ツールでもペンツールでも関係なく消し去ってしまいます。
つまり普通に消しゴムをかけると下描きだけでなくペン入れした部分も消してしまうため、清書した部分を慎重に避けながら消しゴムをかけなければならないのです。
そんな作業をしていたら、下描きを消すだけでも数十分~数日かかってしまってもおかしくありません。

しかしイラストを「下描きレイヤー」と「清書レイヤー」に分けて制作していればどうでしょう。
清書が終わったら下書きレイヤーを非表示or削除してしまえばいいので、下描きを消す工程にかかる時間はわずか1秒です。
しかも手作業とは違って「消し忘れ」が生じることもありませんので、イラストの仕上がりも断然キレイになります。

メリット②色塗りでのミスが少ない

レイヤーを分けておくと、色を塗るときにも非常に便利です。
上図の左側は線画と色塗りを同じレイヤーで行った場合、右側は線画レイヤーと色塗りレイヤーを分けた場合なのですが…違いが一目瞭然ですね。

同じレイヤーに描いたほうは着色に巻き込まれてせっかく描いた線画が消えてしまっていますが、レイヤーを分けたほうの線画はノーダメージです。
どれだけ適当に色を塗ろうとも、いわば別の紙に描いているのですから線画に影響が出ないのは当然のことですね。

消しゴムツールが線画を消してしまうのと同じように、デジタルでは着色用のツールも線画を巻き込んでしまいます。
そのせいで同じレイヤーにベタ描きすると「線画に1mmでも触れたらアウト」という厳しい条件で塗り絵を行わなければならなくなります。
その点、色塗り用のレイヤーを別にしておけばザックリ塗っても線画に影響はでませんので、気楽に着色を進めることができるのです。

メリット③線画の修正がしやすい

上図は、左側が全て一枚のレイヤーにベタ書きした場合、右側が「輪郭」と「顔パーツ」のレイヤーを分けた場合です。
どちらもナナメ上から消しゴムツールをかけたのですが、レイヤーを分けたほうは輪郭部分がノーダメージで残っているのがわかりますね。
このように描き直したい部分だけを効率的に修正できるというのもレイヤーの大きなメリットです。

同じレイヤーに描いた絵は、消しゴムをかければ全て消えてしまいます。
本当は人物画の「目」の部分だけを消したいのに、目と重なっている「髪」や「眉毛」まで一緒に消えてしまう…なんて面倒なことになりかねません。
複雑な絵になるほど、細かい部分の修正が面倒になっていくのです。

このような面倒を避けるために、「髪」と「目」など細かい部分は別レイヤーに分けておくのがオススメです。
各パーツごとにレイヤーを分けておけば、あとから一部分だけ修正したくなったとき、上手く描けている部分まで消さずに済みます。

レイヤーを使って描いてみよう!

レイヤーについての基礎的な知識が身についたところで!
ここからは実際にイラストを描きながら学んでいきましょう!

いきなり人間キャラを描くのは難しいということで今回は妖怪ウォッチの「ジバニャン」をモチーフにしてみたいと思います。
今回はレイヤーを「輪郭(線画)・模様(線画)・顔(線画)・色・陰影」に分けますので、レイヤーを5枚用意しておいてくださいね!
また、必要な方は別途「下描き」のレイヤーを用意してもらっても構いません。

詳しい手順は以下の通りです!
今回は「レイヤーの仕組みを理解する」ことが目的なので、上手いとか下手とかは気にせずとにかくやってみてくださいね!

手順①輪郭のレイヤーを作成

まずはジバニャンの輪郭を描いていきます。
ポイントは耳の位置を正確に取ること、そして顔をやや楕円形に描くことです。
お手本は「Gペン」ツールを使っていますが、お好みで鉛筆ツール等を使っても構いません。

手順②模様のレイヤーを作成

次にジバニャンの顔の真ん中にある、魂のような模様を入れていきます。
輪郭とは別のレイヤーを選択し、先ほど描いた絵と重なるように模様を描き入れていきましょう。
お手本では分かりやすいように輪郭レイヤーを薄くしていますが、自分で描くときは別に透明度を操作する必要はありません。

手順③顔のレイヤーを作成

また新しいレイヤーを選択し、ジバニャンの顔を描いていきます。
ポイントは、目・鼻・口などの位置関係をしっかり確認してから描くことです。
「目と目が離れすぎていないか?」「鼻の位置が高すぎないか?」「口が小さくないか?」など、お手本を見ながら調節してみてください。
顔はキャラクターを描く上で最も「上手い・下手」を判断される部分なので、どこよりも丁寧に描くよう心掛けましょう。

手順④レイヤーごとに色を塗っていこう

色の塗り方にもいろいろありますが、今回はシンプルなイラストなので「バケツツール」でサクッと塗っちゃいましょう。
「表示レイヤーを複製して統合」を選んで色塗り用レイヤーを作り、そのまま選択した色を乗せていきます。
筆ツールなどで塗りたい場合は、「輪郭レイヤー」よりも下に置いたレイヤーに色を塗っていってください。

手順⑤陰影を入れていこう

先ほどの色塗りで終わってもいいんですが、陰影を入れると完成度がグッと高くなります。
ジバニャンの場合は、おでこのテカリ・耳の内側の影・顔の下の影などですね。
その部分に元々塗られている色よりも少しだけ明るい色で塗ると光、少しだけ暗い色で塗ると影を表現できます。

手順⑥全てのレイヤーを重ねて完成です!

最後に、全てのレイヤーを重ねれば完成です!
今回はレイヤーを5枚に分けましたが、レイヤーの分け方は絵師の自由にしてもらっても構いません。
このくらいの絵なら「線画・色」の2枚のレイヤーで描く人もいますし、さらに「目・鼻・口」など細かい部分まで分けて7~8枚のレイヤーに分ける人もいるでしょう。

基本的に自分のやりやすいように分けていい、というのがレイヤーの魅力でもあります。
ただ、あまりにもレイヤーを増やし過ぎると管理が大変になってしまうので、簡単な絵なら最初は4~5枚くらいのレイヤーから始めたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

  • レイヤーを使わずして神絵師への道はあり得ない!
  • レイヤーは「透明な紙」のようなもの
  • レイヤーを何枚も重ねて一枚のイラストができる
  • レイヤーの分け方は自由に変えてOK
  • ただしレイヤーを増やし過ぎると管理が大変

今回の重要なポイントはこんなところでしょうか。
レイヤーをどれだけ使いこなせるか…というのが、デジタル絵師の腕の見せ所です。

私の場合、不必要なレイヤーはチマチマ統合or削除しながら描いていくので、最終的には6~7枚くらいのレイヤー数で収まることが多いです。
しかし人によっては50枚~100枚のレイヤーを重ねて絵を描いている人も珍しくないので、このあたりは本当に絵師さんの好みといった感じですね。

自分にとって最適なレイヤー数は、イラストを描くなかで徐々に見つかっていくものです。
アナタもどんどんイラストを描いて、自分なりの「最適なレイヤー数」を探してみてくださいね。

 

次回→ラスターレイヤーとベクターレイヤーの違いとは?

初回 → 初心者にオススメな画材とは?

Pocket
LINEで送る


【イラスト作成に関する質問募集中です!】ただいま連載中の「君も絵描きになれる!イラスト講座」では皆様からの質問を募集しております。ペンタブの使い方からイラスト作成のコツまで何でもOKです。できる限り答えさせていただきますので、コメント欄へお気軽に書き込んでくださいね!

Leave a Reply

To report this post you need to login first.
ツールバーへスキップ