ライターがブログを運営するメリット。おすすめのブログサービスもご紹介!

ライターがブログを運営するメリット。おすすめのブログサービスもご紹介!

Pocket
LINEで送る

ライターの方の中には、個人のブログを持っている方も多いのではないでしょうか。

もしやっていない方は、いますぐにでもブログを始めることをおすすめします。

私も、WEBライターとして活動するかたわら「まっしろライター」という雑記ブログを運営しているのですが、ブログをきっかけにライティングのお仕事を受注したことが何度かありました。

そこで今回は、ライターがブログを書くメリットと、これからブログを始めるライターの方におすすめしたいサービスを、自分の体験をまじえながらご紹介したいと思います。

ライターがブログをするメリット

ブログを書くメリット自体はいくらでも挙げられますが(単純に楽しい、アフィリエイト収入が期待できるなど)、「ライター」を生業にしている人に限定すると、以下の3つが大きいです。

  1. 自分自身の「人柄」をアピールできる
  2. SEO、HTMLの知識が身につく
  3. サンプル記事が書ける

順番に見ていきましょう。

自分自身の「人柄」をアピールできる

仕事を発注するクライアント目線で考えたとき、ライターに求めるものは、「実績(スキル)」「人柄」の2つだと思います。

ライター――特にWEBライターの場合、クライアントとのやりとりは基本的にメールで行われますが、それでも最低限の対人スキルは必要です。

いくら品質のいい記事を書くとしても、態度が横柄だったり、馬が合わなかったりするライターとは、クライアントも一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。

 

そして、ライターが自分の人柄をアピールする手段として、ブログほど便利なものはありません。仕事への応募時の提案文に長々と書かなくても、「ブログの文章も参考にしてください」の一言で済むわけですから。

普段からブログできちんとした文章を書いているライターであれば、クライアントも安心して仕事を発注できるでしょう。

といっても、優等生的なブログを書けという意味ではなく。クライアントが個性的なライターを探しているのであれば、むしろブログで尖った記事を書いていることが決め手になる場合もあるはずです。

SEO、HTMLの知識が身につく

ブログのいいところは、ゼロからWEBサイトを作るほどのHTMLの知識がなくても簡単に始められることです。

とはいえ、記事の装飾(文字色を変える、太字にする、表を挟む、etc)や、ブログデザインのカスタマイズをする過程で、簡単なタグの使い方は分かるようになっていくはず。

ライティングの案件でも、文章だけを納品する仕事より、文字装飾込みの仕事の方が単価も高くなるため、HTMLの知識があるに越したことはありません。

 

何より、自分でブログを運営することで、SEO(検索エンジン最適化)の知識が嫌でも身につきます。

仕事用の記事を書きながら覚えていってもいいのですが、納品した記事のPV数や検索順位を公表していないクライアントもいます。その点、自分のブログであれば一目瞭然。

仕事への応募条件に「SEOの知識があること」を挙げているクライアントも多いので、ブログを運営していること自体が大きなアピールポイントになるでしょう。

ブログを見れば、本当にそのライターがSEOを理解しているかはすぐに分かりますからね。

営業用のサンプル記事が書ける

とあるジャンルの記事を書く仕事がしたいけど、実績がないから応募できない。ライターを始めたばかりの方や、新しいジャンルの記事に挑戦しようとしている方にはありがちな悩みだと思います。

「未経験者歓迎」の仕事を探して実績を作る方法もありますが、そういったものは大抵単価が安いため、個人的にはあまりおすすめしません。

じゃあ、どうするか? 自分のブログでサンプル記事を書いちゃえばいいんです。

 

仮想通貨の記事が書きたいのであれば、仮想通貨について調べた結果を自分なりにまとめてブログにアップする。

インタビューの仕事がしたいのであれば、知人に頼んでインタビューさせてもらって、その内容をブログで公開する。

個人ブログの記事は実績にカウントしない、というクライアントもいるかもしれませんが、何も見せるものがないよりはマシです。

それに、実績として認められるくらいのクオリティの記事であれば、ブログの資産にもなり、長期的にアクセスを稼いでくれるでしょう。

実例:ブログを活用した受注実績

そうは言っても、「ブログをやったからといって本当に仕事に結びつくのか?」「ブログの記事がサンプルになるのか?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし冒頭にも書いた通り、私自身、実際にブログをきっかけにライティングのお仕事を受注したことが何度かありました。以下はその一例です。

  • 4コマのレビュー記事をブログで書き続けていたら、それを見たクライアント様から4コマの記事の執筆を依頼された
  • インタビュー記事の仕事がしたかったので、ブログにインタビュー記事をアップ。それをサンプルにして、他メディア様でインタビュー記事の仕事を受注した

もちろん引く手あまたというわけではありませんが、私くらいのレベルのライターでもブログ経由でお仕事をもらえたことが、まさに「ライターがブログをやるメリット」を表しているのではないでしょうか。

おすすめのブログサービス3選

ここからは、個人的におすすめするブログサービスを3つピックアップしてご紹介いたします。

WordPress

(画像引用元:https://ja.wordpress.org/

 

当サイト「Wrive」や、私の個人ブログもWordPressで作られています。

また、クライアントのサイトもWordPressで作られている場合が多く、記事を書いてから、管理画面にログインして文字即装飾などをして直接入稿するまでがワンセットという仕事もよくあります。

つまり、WordPressの使い方を知っていること自体が大きなアピールポイントになるわけですね。

サーバを借りたり、独自ドメインを用意したりと、始めるまでの難易度は少々高めですが、これからブログを始めようとしているライターの方は、ぜひWordPressに挑戦してみてください。

 

【メリット】

  • カスタマイズが自由自在。「テーマ」(テンプレート)を適用するだけで、メディアっぽいデザインのサイトが簡単に作れる
  • 記事の編集画面も多機能で、記事が書きやすい
  • WordPressでサイトを運営しているクライアントも多いので、直接入稿ができるというアピールにもなる

【デメリット】

  • サーバやドメインを自分で用意する必要があり、始めるまでのハードルが高い
  • サーバ代、ドメイン代などのお金がかかる。「テーマ」も、デザイン性が高いものは1万円以上する場合も(無料テーマもあります)

はてなブログ

(画像引用元:http://hatenablog.com/

 

無料で始められるブログサービスの中でも、おすすめは断然はてなブログです。私も、WordPressに移行する前ははてなブログで書いていました。

はてなブログのメリットは、SEOに強いことと、はてな内のサービスなのではてなブックマークがつきやすいこと。

つまり、同じ内容の記事であっても、他のブログで書いたときより多くのアクセスが見込めるわけです(もちろん、一定のクオリティの記事であることが前提ですが)。

必然的にクライアントの目にも留まりやすくなりますし、ブログも事業のひとつに据えたいライターの方にはおすすめのサービスです。

 

【メリット】

  • 無料ですぐに始められる
  • 多くのアクセスが望める→クライアントの目にも留まりやすい

【デメリット】

  • 無料版では機能が制限される。有料版の「はてなブログPro」を契約すると、結局WordPressと同じくらいの費用がかかる
  • カスタマイズの自由度、記事の書きやすさはWordPressに一歩譲る

note

(画像引用元:https://note.mu/

 

厳密にいうと「ブログ」ではありませんが、ライターとの相性はいいサービスだと思うので、あわせてご紹介します。

名前の通り、まっしろなノートのようなシンプルなデザイン。凝った文字装飾はできないぶん、純粋に記事の内容で勝負ができるともいえます。

また、noteに関してはサービスそのものより、多くのライターが利用している(クライアントも、新しいライターを探すためにnoteをチェックしている)という環境面のメリットが大きいです。

私の知り合いのライターの方にも、「noteを書き続けていたらライティングの仕事が来た」と仰っていた方が何人かいました。仕事の受注を第一目的とするのであれば、ある意味noteが一番手っ取り早いかもしれません。

 

【メリット】

  • シンプルなUI。純粋に文章力、人柄をアピールできる
  • noteを利用しているライターが多い。新しいライターをnote内で探すクライアントもいる

【デメリット】

  • 検索流入は期待できず、凝った文字装飾もできないため、SEOやHTMLのスキルは身につきにくい

まとめ

  • 実績だけでは分からない人柄をアピールできたり、サンプル記事を書いたりできるメリットがあるので、ライターはブログをやった方がいい
  • おすすめのブログサービスは、WordPress、はてなブログ、noteの3つ
  • WordPressでサイトを運営しているクライアントも多いため、今から始まるのであれば個人的にはWordPressを推奨

「ライターがブログを運営するメリット」に限定して書かせていただいたため、ライター以外の方が考える「ブログのメリット」とは少しずれているかもしれません。ご了承ください。

すでにライティングの仕事で手一杯の方はともかく、もっと仕事がほしいのにうまくいかないとお悩みのライターの方は、ブログを使った営業活動も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る


4コマ好きのフリーライター兼ブロガー。最近はインタビュー記事にも挑戦中。

2 Comments

  1. 記事投稿ありがとうございます!
    私もライターさんのプロフィールに運営ブログがあればやはり見ますし、安心感が増すのは間違いないと思いますね。どんなジャンルに強いのかが分かりやすいのも大きいです。

    • コメントありがとうございます。
      反対に、ブログに変なことを書いていると逆効果になってしまう可能性もありますね…(愚痴ばかり書いている、そもそも更新していないなど)。気をつけます。

Leave a Reply

To report this post you need to login first.
ツールバーへスキップ