【第2回】報酬には根拠が必要!クライアントに主導権を渡す危険性とは:悪質クライアント格闘記

【第2回】報酬には根拠が必要!クライアントに主導権を渡す危険性とは:悪質クライアント格闘記

Pocket
LINEで送る

皆さんはクライアントと報酬について揉めたことはありますか?

私は揉めたことはありませんが、無茶振りをされたことは結構あります。無茶振りされたときは基本的に断っているのですが、断り方がわからずにずるずる引き受けてしまって苦労している人も多いと感じています。

『報酬の根拠』が明確にされないことがすれ違いの原因になりやすいだけでなく、無知に付け込む悪質なクライアントもいるのがポイントになります。

連載【第1回】でも軽く触れていますが、コミュニケーションなどの前提を踏まえた上でしっかり主導権を握る必要があります。

■自己紹介

クラウドソーシング専業のフリーライター。ライティングは稼ぎながら覚えたので独学。単発のタスクを中心に月20万円程度を稼ぐ変わり者。

利用規約違反の依頼などを見つけると積極的に通報したりブロックしたり。

大手クラウドソーシングサイト、ランサーズの認定ランサー兼クラウドワークスのプロクラウドワーカー。

■フリーランスは労働の明確な線引きが難しいのがポイントになってくる

フリーランスになって報酬に関するトラブルに遭遇した人は珍しくないはずです。もちろん、事前の情報収集や契約条件などをしっかりとチェックし、トラブルを回避できる人もいます。しかし、実際に知識をもって対応できるようになるまでには経験が必要になることが一般的です。

まずは受けてはいけない条件などをチェックしつつ、少しずつ感覚を磨いていくことを意識する必要があります。

■線引きが難しいからこそ余分な仕事も引き受けてしまいがちに

フリーランスが報酬トラブルに巻き込まれやすい理由の一つが、労働の明確な線引きが難しいことです。連載【第1回】でも触れましたが、フリーランスの報酬体系とクライアントの報酬体系は異なることが珍しくないのがポイントです。成果報酬で働いているフリーランスと給与を受け取るクライアントでお金の感覚に違いが出ることは珍しくないため、前提を共有しなければ際限なく仕事が増える可能性があります。

相手の言うままになるのではなく、自分で明確な基準を作り提示していく必要があります。

■価格競争が進んでいるからこそ競争に乗らないことも重要に

もう1つの理由が過剰な価格競争が進んでいる業界が多いことです。私はクラウドソーシング専業でライティングの仕事をしていますが、とても生活できないようなレベルの依頼が飛んでくることは珍しくなくなっています。より安価な労働力を求めてクラウドソーシングを利用する企業も多く、どう工夫しても都道府県の最低賃金を満たせないような依頼をかける人も多いのです。

他人に依頼をすることが気軽になりすぎて、「相場を調べずに自分の希望で依頼をかける」人も多いのもポイントです。相場を調べても調べる市場が偏っていれば極端に低い水準になることもあります。そのため、依頼する側と依頼を受ける側の対立の元になることも多いのです。

大手を含む企業とコスト競争を繰り広げた場合は個人が負ける可能性が高くなるため、価格競争に乗らないことも大切なポイントになってきます。

■リテラシーが低い人間を狙う悪質なクライアントがいることに注意が必要

悪質と思えるクライアントでも、コミュニケーションをとってみたら意外と良い人だったということもあるものです。すれ違いから対立に発展するケースもありますが、本当の意味で悪質な人は少数派です。では、本当の意味で悪質なクライアントとはどういうクライアントでしょうか?

依頼条件や常習性の有り無しで見分けられるケースが多いのがポイントになります。

■報酬の未払いを防ぐために事前にクライアントのチェックをすること

気をつけたいのは報酬を未払いで済ませようとするクライアントです。未払いなら犯罪だと思われる人もいるかもしれませんが、法的な手続きをするにせよ、相手を訴えるにせよ手間暇がかかります。

場合によっては訴える費用や弁護士への相談費用が上回ってしまうこともあるため、訴訟が割に合わないことを前提に悪質な依頼を繰り返す人もいるのです。

未払いなどのトラブルがある場合はトラブルがあったという情報や痕跡が残っている場合が多いため、企業名や過去の依頼歴などをチェックする必要があります。

■報酬以外の条件で釣ろうとするクライアントには注意が必要

法的なリスクを背負わないために極端に低い金額でテストライティング等の依頼を発注し、正式契約をせずに打ち切って成果物のみを利用するようなクライアントもいます。正式採用後は好待遇でも実際に採用する気がない相手であれば絵に描いた餅です。ブラックな相手がいることを前提に、リスク管理をしていく必要もあるのです。

契約に至るまでの会話や条件確認で受注者側のリテラシーがどの程度かをチェックし、隙が多い人につけ込むケースもあります。

たとえばライティングで有名メディアで執筆できると書かれていても、実際は下請けで記名記事にならない場合や、別人名義で掲載されるようなケースもありえます。

個人事業主の場合は会社などバックアップしてくれないため、ある程度の知識は自分で身につけて積極的に自衛していく必要があるのです。

■価格に明確な根拠を持たせることが自衛の鍵になってくる

悪質なクライアントを避けるための鍵になってくるのが、自分の仕事に明確な価格の根拠を持たせることです。明確な根拠があれば相手から何か言われても反論することができます。しかし、根拠が薄くて反論ができず、結果的に割が合わなくなってしまうことも多いのです。また、不当な値引きに対抗するためにも重要なポイントにもなっています。

■信頼を担保するためにはある程度の報酬が必要になってくる

フリーランスで最も重要なのは仕事に対する信頼です。信頼を担保するためには顧客に対するサービスの質を上げ、価格に対する満足度を高めていく必要があります。サービスの質=納品物のクオリティ……では無く、コミュニケーションスキルなどの付加価値に比重を置くクライアントがいることにも理解が必要です。クライアントにストレスを与えず、気持ちよく取引を終えることも評価を高めるポイントになるからです。

相手の要望を汲み取り、要望にそって成果物を納品するのはどうしても手間がかかります。時間のかけすぎやストレスのかけすぎは作業効率を低下させる要因になり、サービス全体のクオリティ低下を招きます。顧客の要望にこたえすぎることで品質の低下や信頼の低下に繋がってしまうケースもあるのです。

一人の顧客に答えようとする余りに自分の生活を犠牲にすることは割に合わないため、基準を設けて作業を断ることや追加料金を請求することは大切になってきます。

■納期と報酬のバランスも自衛のためのポイントになってくる

納期も重要なポイントです。特急で作業をする場合は追加料金をとるといった差別化も可能で、納期ごとに報酬額を変えて見積もりを出すといった手法も存在します。

作業時間の見積もりがずれれば赤字になる可能性や納品が間に合わない可能性もあるため、内容を精査しつつ価格提示を行うことも重要です。ベンチマークサイトをベースに、自分で作業をした場合はどの程度の報酬になるか提示するのも方法です。

安易に仕事を引き受ければ信頼の低下や赤字リスクを背負うことになります。

■利用するサイトのシステムで自衛することも大切に

クラウドソーシングで仕事をする場合はシステムをうまく生かすことが大切になります。大手クラウドソーシングサイトは仮払いのシステムを導入していて、入金を確認後に作業をすることで未払いを防げるようになっているからです。入金後に作業を行い納品をすれば、一定期間経過後に強制的に決済が行われるのが特徴です。

手数料はかかってしまうものの、未払いリスクを避けるために積極的にクラウドソーシングサイトを利用する人もいます。また、クライアント側が一方的に有利にならないように、タスクの場合は一定割合は必ず承認しなければならないという最低承認率を設定しているケースもあります。

サイトなどを通さない直接契約の場合は未払いになる可能性を踏まえて取引先の数をコントロールするだけでなく、万が一トラブルが発生した際の費用をあらかじめ価格に織り込むなど工夫が必要になってきます。悪質なクライアントが相手ではなくても、自然災害や企業の倒産などで支払いが滞ることがある点にも注意が必要です。

契約書作成などの手間があるからこそ、フリーランスの報酬が高くなることが多いのもポイントですね。あまり安く契約してしまうとリスクが発生するのはクライアントも同様なのですが、悪質なクライアントの場合は不満ばかりぶつけてきて自らを省みないのでご注意のほどを。

■自分から仕事の範囲と報酬を決め、交渉を主導することが大切に

・立場によって報酬の前提がすれ違いやすいことに注意が必要

・競争に応じて価格を下げるのは危険

・詐欺的な依頼内容を出すクライアントもいるため内容を精査する

・報酬の未払いなどがありえるからこそリスクのコントロールが大切になる

・価格を維持するためにも報酬体型を明確化していく

・リスクコントロールに自信が無い場合はクラウドソーシングなどのシステムをうまく利用する

仕事のクオリティを確保するためにはある程度の報酬が必須になります。価格競争が激しい業界が多いからと値引きに応じても無理が生じます。価格競争や難易度の高い要求に付き合おうとするよりも別なクライアントを探した方が収入が増えることが多いため、常に視野を広く保つことが重要です。

相手の予算にあわせて仕事をするのではなく、自分が必要なお金やクオリティの基準に応じて報酬を提示し、交渉を主導することがリスク回避につながります。価格の明確な根拠を示せれば交渉がスムーズに進みやすくなるだけでなく、交渉対象自体が増える可能性もあります。自分の仕事の基準を最もわかっているのは自分であるため、相手に主導権を渡すこと自体がリスクになりえるのです。

次回は実際に出会ったクライアントとのやりとりをメインとした体験談を執筆予定です。

まぁ、なんと言うかいろんな人いますよ、うん。

次回⇒【第3回】低単価過ぎる依頼だと思ったら公式アカウントから!対策はあるの?

前回記事⇒【第1回】高品質って何なのさ?!注意が必要なクライアントの見分け方:悪質クライアント格闘記

Pocket
LINEで送る


専業クラウドワーカーでフリーライター。収入アップよりも書く事にこだわる叩き上げ。 Twitterではクラウドソーシングの相場の情報のほか、連載に関する情報も発信しています。

Leave a Reply

To report this post you need to login first.
ツールバーへスキップ